当日まで担当してくれるウェデングプランナーがいる式場が安心です。

私が式を挙げたのは、全国的にもチェーン店があって有名なホテルです。

披露宴をする予定はなかったので、チャペルでの挙式と親族だけの食事会で利用しました。
ですので、料金も大きなホテルの割にはリーズナブルにすることが出来ました。

特に大きな問題もなく、滞りなく終わったのですが、挙式後に問題が発覚しました。

夫には父親がいなくて、挙式は母親だけの参加。
もちろん、打ち合わせの時点でウェデングプランナーにその話はしていました。
そういう場合は、親族の男性などが父親の場所に代理で座ることもあるそうですが、最近は、片親だけも多いということだったので、特に代理はたてませんでした。

ところが、当日、母親がホテル側の人間に場所を移動する度に「ご主人様は」と複数回に渡って尋ねられたということでした。
母親は、プライドがとても高い人なので、かなり傷ついたらしく、「おめでたい席だから黙っていたけど、実は挙式の間、ずっと嫌な思いをしていた」
と挙式後に打ち明けられました。

ホテル側に確認すると、当日の世話係は、派遣のシルバーの人が多くて、その人達に連絡が行き渡っていなかったということ。
そもそも、挙式前に何度も打ち合わせをした担当のウェディングプランナーが、当日いませんでした。

当然、その担当者が当日も指揮を取ってくれるもとばかり思っていましたし、そうであればこんな問題は起きなかったと思います。

人件費削減なのでしょうか。
そのホテルでは、当日に担当者が出ないのが一般的だとのこと。

自宅までホテルの責任者が謝りに来てくれたのですが、その際もその担当者は一緒ではありませんでした。
式の一部始終はその人と決めたのに、一体どこまで責任ある役割だったのか・・。と疑問に思いました。
ウェディングプランナーという言葉が一般化していますが、プランだけ立てる人なのか。当日も担当してくれるのか。そこの所はしっかりと確認する必要があると思います。